重賞特別レース予想!!

重賞特別レース予想 決定






競馬ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------------------------

★初めての方へ~コンテンツ更新★
コンテンツ
       
こちらからご覧ください!!


------------------------------------------------------------------------------------------------------

重賞特別レース予想
重賞、または特別レースで【買って】いい馬を指名します。
いい馬にランクインしている馬を優先しますが、それをさしおいて
別のレースを選択しているときは、自信のある時です。
ランクは週1回更新される”まとめ”で確認できます。

9月19日(土)

中山11R レインボーステークスの軸馬予想

【買って】いい馬
    ↓


中京8R 
阪神ジャンプS
の軸馬予想

  

【買って】いい馬
    ↓



-----------------------------------------------------------------
★買っていい馬~総合確率★
重賞特別レース予想でご紹介してきた馬が対象です。
土曜日と日曜日の計4頭の馬券圏内確率です。
表示は1着・2着・3着・4着以下の4種類と複勝率のみです。
※2016年4月~先週の戦績です。


【買っていい馬】
82-69-42-132  61%



------------------------------------

★無料メルマガ重賞特別配信★


2016年2月~現在で複勝率80%の
メルマガが送る・・・・・

【ローズ 1点勝負】

当日10:00配信
   ↓
メールアドレスのみでOK




□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第38回 ローズS(G2)

    情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
  注目すべき情報馬「5頭」を
     無料で教えます

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古くからの王道ローテーションで、本番に数々の優勝馬を輩出してきたトライアルレース。今も本番を占う上で重要なレースであることに変わりないのだが、実は、近年は変化の兆しがあることは見逃せない。

1つは桜花賞馬、オークス馬の参戦が減ったことだ。大半のクラシックホースは、ココを叩いて本番というのが従来のローテーションだった。

しかし、紫苑Sが2016年に重賞へ昇格して選択肢が増えたこと、ノーザンFを中心とした外厩の充実によって、ブッツケ本番でも結果を残す馬が出てきて、“ひと叩き”の必要性もなくなってきた。加えて同生産馬の“使い分け”もあり、ローズSの優先度が下がっているのは事実。

また、前哨戦は「本番前の叩き台」の陣営もいれば、「本番では勝ち負けにならないからココで勝負」の陣営もいるし、「とにかく本番に出したいので権利を取りたい」と3着狙いの陣営もいて思惑は様々。

こうした思惑を公言することは、陣営にとってなんのメリットもないため、一般の競馬ファンの方々が知る術はほとんどない。

その結果、ローズSは近10年で9度の万馬券決着、しかも10万馬券超えが7回と波乱が続いているのだ。


今年は非ノーザンF生産馬ということもあり、2冠馬デアリングタクトは出走を予定していたが、結局は自重して本番へ直行予定。2歳女王レシステンシア、オークス2着馬ウインマリリンの姿もない。

突出した馬が不在となれば、今年も“混戦ムード”というのが世間一般的な見方になるだろう。

そういったレースだからこそ、『本物の関係者情報』を入手できる弊社シンクタンクの実力が存分に発揮される。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二と、元調教師、元騎手の大物OBが在籍しているように、情報ルートは大物揃いで、あらゆる関係者から本音で話を聞くことができるからだ。

もちろん、情報だけでなくデータなどのレース分析にも余念はない。今年は阪神ではなく中京開催、ますます情報力に差が出るだろう。

そのことを実感してもらうべく、今週はローズSの関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる“情報注目馬5選”を特別に無料公開。秋のGIへ繋がる情報もあるので、ぜひともチェックしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    第38回 ローズS(G2)

    情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
  注目すべき情報馬「5頭」を
     無料で教えます

    →ココをクリック!